側湾症の痛みを得意とする整体院

手腕のシビレ・頸椎ヘルニア専門ページ

手腕のシビレ・痛み

手指のシビレには、いくつかの原因がありますので、特徴と一緒に挙げていきます。


・朝起きた時に、下にした手腕のシビレ     

  → 正座と同じです。問題なし〇


・片手の親指、人差し指、中指、薬指の半分だけシビレ 

 → 手首のつけ根付近で神経の圧迫がある手根管症候群初期は人差し指と中指だけシビレることある。
     手の疲労、使い方の癖などが原因です。ご相談ください。

                           
・手を挙げたりしていると片手または両手のシビレ(例 手すりを掴む。 洗濯物を干す。) 

 → 腕の神経が、首のつけ根あたりで、腕を上げたときに圧迫されてシビレます。
   首の横の筋肉の緊張、鎖骨、肋骨のズレなどが影響します。
    ご相談ください。


・肘の内側を叩くと、小指から肘の内側までのシビレ

 → 肘関節のズレや周囲の筋肉、靭帯の緊張が原因です。                                         ご相談ください。


・両手足のシビレ

 → 自律神経失調症による血行不良の可能性があります。
   多くは、首肩こりなどが原因です。   ご相談ください。


・片手指のシビレと同じ側の口のシビレ
  

  → 至急、病院へ行ってください。脳の障害が考えられます。                   


・首を動かすと片手指、腕、胸、背中にシビレ・痛み   
  → 首のヘルニアの可能性があります。 下記をご覧の上、ご相談ください。


※「自分では、よくわからない」という方は、お電話ください。


頚椎椎間板ヘルニア(首のヘルニア)


ヘルニアというのは腰だけではなく、首にも起こることがあります。


【症状】


上を向く、横に倒すなど首を動かしたときにシビレ・痛みが強まるのが特徴です。


【病院での治療】


機械による電気、けん引治療、痛み止めの服用薬、ブロック注射などの手術をしない保存療法が中心です。
麻痺がかなり強いような重症の場合は手術となります。


【当院の施術】


手術をしない保存療法の方が対象となります。

①痛みの出ている周辺のコリを弛めて血行を改善
②足元から骨格を整えてから、首の歪み整える
③首の骨のならびが整えてから、じわ~っと首を伸ばすと良く伸びる(痛みで身長も縮こまることがあります。)
④姿勢、生活指導でシビレ、痛みが再発しないように覚えてもらう

これらを機械を使わず、全て手で行います。首のけん引は、その方にあった角度、強弱の加減で伸びが
全然違います。 コリをとり、歪みを整え、首のつまりを解消して、首のゆとりが戻ってくると
手腕の症状が軽減していきます。 ご相談ください。


※一度もレントゲン、MRIなどの画像検査をされていない場合は、まずは整形外科での検査をおススメします。

からだ快福センター・ことぶき ご案内

〒466-0853 愛知県名古屋市昭和区川原通7-5-1

鶴舞線川名駅からまっすぐ徒歩7分

やさしい施術と多くの喜びの声が評判で女性に口コミで人気
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

052-761-0222

受付時間

09:00~12:00
14:00~20:00

定休日:日曜日

052-761-0222