側湾症の痛みを得意とする整体院

オスグット専門ページ

打撲や捻挫や靭帯損傷などの、ケガ以外にも子供の膝に痛みが出ることがあります。
それが、スポーツをする子供などに発症するオスグット病(膝の成長痛)です。


「オスグッド病」


小学生~高校生の活発な発育期に多く発生し、運動時に症状が強く現れる。
膝のお皿の下辺りの痛みや膝裏の痛みを感じる。痛みのある部分の骨が出っ張ることもある。
大腿の前の筋肉の緊張があり、それがひっぱられて、膝の下の骨が変形し痛みが出る。

病院では、

レントゲン診断、電気・シップなどの治療、安静の指示をされます。
現状を確認し、スポーツの練習を減らし、ゆっくり自然治癒を待つ治療となります。
病院は骨折や脱臼など大きなケガの処置ができます。
しかし、膝を動かしたときの骨や軟骨の動きを治療するまでは手が回らないのが現状です。


※「少しでも早く症状を緩和させたい。」

※「この試合に間に出場したい。」

※「ベストコンディションでパフォーマンスをあげたい」

というなら、身体のゆがみから整えることをおススメします。


当院では、

太腿や膝に負担をかけている原因の

・身体のバランスに左右差
・膝の関節を動かしたときの噛み合せのずれ
 (お皿の骨、脛の骨、太腿の骨などから半月板まで、みんな協調して動くのが正常です。
  どこか一か所でも動きの悪いところがあると痛みを起しやすくなります。)

を改善していきます。


※身体にゆがみがあるかどうかは簡単に検査できます。

しゃがんだ時に、膝の高さが違っていたら身体のバランスが崩れや、膝の関節のズレがあります。

すぐに、ご相談ください。

からだ快福センター・ことぶき ご案内

〒466-0853 愛知県名古屋市昭和区川原通7-5-1

鶴舞線川名駅からまっすぐ徒歩7分

やさしい施術と多くの喜びの声が評判で女性に口コミで人気
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

052-761-0222

受付時間

09:00~12:00
14:00~20:00

定休日:日曜日

052-761-0222